mon12mois

私の子育て12ヶ月

Sushi戦争

プロフィールのところに書いてますが、夫の意識が高すぎます。
私がちょっとでもなにか食べようものなら

それは妊婦が食べても大丈夫なもの?

と聞いてきたり調べたりとお忙しい様子。
正直カルピス飲んでる時まで聞いてくるのでちょっとしんどい。

そんな夫が絶対ダメ!といって聞かなかったのがお寿司。

なまものなんか食べたら良くない!ダメ!!

という夫にギリギリしたものです。
(しかもこいつ一回だけ私が寝込んでる時にパック寿司食べやがった、別にいいけど)
てかねぇ、
コーヒーとお酒とタバコは我慢できるけどお寿司を我慢するのはしんどいんだよ!
(そもそも上の3つを普段から摂らないだけですが)
しかもつわりの時ってアレ食べたいと思ったら結構それに執着してしまうもので
私は取り憑かれたようにお寿司食べたい食べたい・・・と唱えてました
で、その話を母親に愚痴ったところ

えー、お母さんもお姉ちゃんも別に普通にお寿司食べてたけど?

なんですと!?

そういえばお姉ちゃんが妊娠してる時に一緒にお寿司屋さん行った記憶がある!
やっほーやっほーこれでお寿司が食べられる〜!と喜び勇んで
満面のどや顔浮かべて夫に話してみたものの

そうはいっても食べて何かあったらどうすんの、健診で先生に確認してから!

ド正論で返され撃沈。
クッソ、これだから理系は・・・←この場合私のほうが悪い

1週間後の健診の日、聞くのもこっ恥ずかしかったけど
これ確認しないと私授乳が終わるまで2年以上寿司断ちされる!
と訳の分からない焦燥感とともに
先生に聞いてみました(どんだけお寿司食べたかったの・・・)
すると・・・

え、逆になんでダメだと思ったの

というお答え。我慢できずにみるみる緩む私の頬。
頭上で天使がラッパを吹くのが聞こえました、
多分漫画だったら「パァァァ・・・」って書き文字入れられたと思います。
夫ポカーン。私大勝利。看護師さん苦笑い。

まぁ〜でも、塩分過多になりやすいから食べ過ぎたりお醤油はつけ過ぎないようにね
という注意に張子の虎のようにうんうんと頷く私を
ちょっと呆れ顔で見つめる夫の視線が痛かった・・・
(念の為補足:本や先生によっては生物は避けるべきという考え方もあります、
 うちの先生が単にこういう考え方だったというだけですので・・・)

病室出てから夫をじーーーっと見つめたら、
その日の夕飯に回転寿司に連れて行ってくれました。
まぁお寿司屋さんでも

マグロはとっちゃだめだよ!
 あ、イカ食べていいか調べるからまって!!

と、お忙しい様子でしたけどね
でもこうやって私や赤ちゃんのこと気にかけて
一生懸命調べたりしてくれてる様子をみると
この人頼りになるなぁ〜なんてニヤニヤしてしまう自分もいるんですけどね(照)

そんなこんなで私の大勝利で終わった寿司戦争でしたが
つわりのせいかサーモンの脂っこさでちょっとやられてしまったのと
一度食べたら満足したのか、その後お寿司欲求は収まっています。
時期的にもちょっと生物はやめたほうがいいかなと自分でも思いますしね・・・
でも、欲しいものをダメって言われると余計欲しくなるという心理を久々に経験して
すっごい辛かったです