mon12mois

私の子育て12ヶ月

マネーの虎〜未熟児編〜

さて、未熟児の入院費用についてのお話です。

例によって大した話は書いていません。
ただ、こうなった場合どうなるんだ?というのを検索しても
ぱっとわかりやすく書いてるwebをなかなか発見できなかったので
なんとなく書き残しておこうというだけのものです。

また、未熟児医療の分野はお住まいの自治体によって
取り扱いに違いがあります!
この記事で扱っているのは京都のケースですのでご了承ください
京都市京都府でも扱いが違うんですよめんどくせぇ)

ヒロシの場合ですが、11月まるっと入院した場合、約120万円かかると言われました☆ミ

高いよ!!


いくら子どものためとはいえそんな大金ぽーんと払ったら育てるお金がなくなっちゃいます。
ですが大丈夫、社会は案外優しいのです。

まず、未熟児ちゃんが生まれたらほぼ真っ先に
「未熟児養育医療制度」の説明があると思います。
細かい条件はごちゃごちゃとありますが、要するにNICUの医師が必要と認めた場合適用になるのです。
適用になると、所得上限による負担金があるものの、これと子ども医療費助成制度の合わせ技で
ほとんどの場合おむつ代などの実費負担と子ども医療費の上限額だけになります。
申請は下記の書類を揃えてお住まいの自治体管轄の保健所に提出すればOKです。

☆必要な書類
・養育医療意見書(病院から発行されます)
・養育医療給付申請書
・世帯調書
・働いている家族全員の前年分の所得税額の証明(サラリーマン家庭の場合前年分の源泉徴収票
お子さんの健康保険証

上からいきますと

・養育医療意見書
これは病院から渡されますのでまず問題ありません。

・養育医療給付申請書
・世帯調書
これも保健所で申請する際に現地で記入しますので問題ありません。

・働いている家族全員の前年分の所得税額の証明(サラリーマン家庭の場合前年分の源泉徴収票
もしお持ちでしたらそれをそのまま出せばいいですし、なければ再発行手続きをすればOKです。
前年にお仕事をされていたママさんも必要ですのでご注意ください。
担当者の手の早さ次第ですので、できるだけ急いでると泣きつきましょう(笑)

・お子さんの健康保険証
これが厄介。なんせ出生届もまだなのでそこからです。
流れだけざっと書きますと
出生届提出→住民登録(ここで子ども医療費助成制度や子ども手当の申請もします)→
健康保険への加入(加入される健康保険への連絡。必要な書類は適宜健康保険へお問い合わせください)
となるわけです。
ココで厄介なのは、国民健康保険でしたら保険証は即日発行なのですが
会社などの健康保険へ加入すると、場合によっては保険証発行までに2週間ほどかかるというのです。

で、保険証発行されて、養育医療制度の申請をしてそれが通るのが約2週間後?
つーことは出生翌日から手続きしたって整うのは1か月後??
ヒロシの入院期間約1ヶ月って言われてるのに???
そんなに待てませーん!!

慌てたのは夫(心配性)。もし退院が先に来ちゃったら一旦立替払いしなきゃいけないの?
120万を?いやいやいやいや無理でしょ無理無理カタツムリ。
「えーどうせそんなの間に合わない人多そうだから何か救済措置あるでしょー?」
という妻を尻目に悩む悩む(苦笑)
実際調べてみたのですがそのあたりどうなってるのか書いてるサイトが見つからない。

結局翌日夫が健康保険と保健所に電話して問い合わせたところ
健康保険の資格取得証明を送ってもらって、
資格取得証明をもって保健所に申請を出せば良いということがわかりました。
そして、保健所側でも申請が来たら入院先の病院へ連絡をして、
養育医療制度申請中ということで退院時のお支払いも養育医療制度適用になるよう
取り計らってくれる、ということでした。

ほーらね、やっぱりな。

というわけで、健康保険よりヒロシの保険資格取得証明を送付してもらい、
届いたら即座に管轄保健所へ養育医療制度の申請。
で、所得上限以上の医療費負担については、府と市でやり取りして
子ども医療費助成制度を適用してくれる、ということに。
こちらも病院窓口での立替払いは必要なく、後日に市から子ども医療費の請求書が来るということです。
(養育医療制度は都道府県管轄、子ども医療費助成は市区町村の管轄らしいです。ややこしい・・・)

なので、ヒロシの入院費はおむつ代などの実費と子ども医療費の200円で済むことになりそうです。
名前に悩んだりして養育医療制度の申請が遅くなりそうな方は
まずは管轄保健所にお電話されて、話を通しておくとあとがスムーズだと思います。
とは言え、出生後できうる限り早く申請を出しておかないといけないようですが・・・

参考になるかどうかはわかりませんが、今回の妊娠出産に関するお金の話は以上です。
私の場合、出産育児準備を何一つしないまま入院→出産になってしまったので
出産時あると便利なものや、育児に便利なものというのが何か全くわかりません。
ので、なんというか、私がわかること・・・
早産と未熟児の医療費助成について書かせていただきました。

ただ、やはり加入している健康保険や所轄保健所によってこのあたりの申請や助成内容は全く違うので
疑問などがありましたら健康保険、自治体、保健所にお問い合わせされるのが一番早いです。
個人のお悩みにはお応えできないかと思いますので、
申し訳ありませんがあくまで一例としての紹介ということでご了承ください。