mon12mois

私の子育て12ヶ月

引越しのご挨拶

と、いうわけで妊娠出産に関する記事はひとつ前の記事までになります。

ヒロシの入院生活は続いていますが、今日、「退院に向けて」というしおりをもらいました。
彼がこの家に帰ってくる日も意外と近くまで迫ってきているようです。

この妊娠生活、切迫流産だの切迫早産だの突然の出産だの
健康的かつ充実したマタニティーライフ、とは行かずちょっと残念ではありますが
終わってみれば子どもが無事健康に生まれてきてくれたので
それが最高の結果なのだと思っています。
それに、入院しなければ知らなかったであろう妊娠出産のままならなさというのも
色々と知ることができましたし。

私の両腕にはいまも無数の点滴の痕が残っています。
見た目痛々しいですが、これのお陰でヒロシも元気なのだから、という気持ちです。
夫は「これはお母さんの勲章だな」と言ってくれました。

いろんな人に安産を羨ましがられましたが、
実母には
「皆は安産だったって言うけど、あなたは2ヶ月かけて出産をしたのよ
 ある意味難産だったんだと思う。よく頑張ったわね」
と言われて少し泣きました。
でも、実際の陣痛〜出産が人より楽だったのはちょっとありがたかったと思ってます。

一体どうなることかとビクビクしていた妊娠後期でしたが
ヒロシの顔を見るといろんな苦労が全て吹っ飛んで、すでに産みの苦しみまで忘れかけてます。
子どもの力はすごいです。

ブログを御覧頂いてる皆様には出産がこれからだという方もたくさんいらっしゃると思いますが、
どうか、妊娠生活と出産を楽しんでください。
不安もいろいろあると思いますが、絶対になるようになりますし、終わりのあることなので・・・。

このブログも、いろんな方に読んでいただけて、コメントもたくさんいただいて、
長い入院生活の励みになりました。本当にありがとうございます。
おかげで、2ヶ月の安静生活も乗り越えられました。

これからは育児生活が始まります。
どうなることやらと思いますが、周りに支えられ助けられ、
まだまだ新米母親ですが、なんとかやっていけそうかなと思っています。

柄にもなくセンチになってしまいました。
ともかく、次回更新からは子育てカテゴリの
「2012年4月〜13年3月生まれの子」へお引越ししたいと思います。
もしよろしければ、遊びに来てください。

ではでは、What Will Be, Will Be マタニティ編、ここらで幕でございます。



あー、エヴァンゲリヲンQ見に行きたい